肌のくすみやニキビの跡が気になる人はこれを試して!

いくら化粧してもニキビ跡やくすみがあると、メイクをするときに憂鬱になる方は多いと思います。

私も肌を明るくするために頑張って化粧をした記憶があります。

ニキビなどの肌炎症後にできやすい色素沈着は、「美白」と「保湿」を意識したケアをすることによって白い肌を取り戻すことが出来ます。

潤い成分を配合した化粧水・美容液・オールインワンジェルで肌に美白を取り戻し、最後は乳液でしっかり成分が逃げないように蓋をしてあげましょう。

しかし、化粧品があり過ぎて何を選べばいいか分からない!という人には「美白成分」に注目すると良いでしょう。

更に、美白成分を含んだ化粧品には「しみを薄くする」モノと、「しみを予防する」モノの2種類があります。

ニキビ跡によるしみで悩んでいる人には薄くするモノがオススメですが、外出が多い人などは予防も重要です。

それぞれのライフスタイルに合わせて、目的に合った化粧品を選びましょう。

私がお勧めするのは医薬部外品の化粧品です。

コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸を配合している物も魅力的ですが、プラセンタエキスが配合されていると更に美白効果が見込まれます。

最近では皮膚科のしみ治療で処方されることの多いハイドロキノンが話題ですね。アメリカで有名な成分が、ここ数年日本でも多く採用されるようになりました。

「予防」と「うすくする」を同時にケアしていけるのが特長で、強力な作用を持ちます。ただし作用が強い分刺激もあり、1~3%濃度から始めるのがおすすめです。

また、保湿ケアを同時に行うことをお勧めします。美白成分にはデメリットがあり、「乾燥しやすい」というものです。ケアをしていても乾燥肌ではきれいな肌を実現できません。ですのでその為に保湿が重要となります。

更に潤っている肌は柔らかく凹凸も少なく、美白成分とのいいサイクルが生まれます。ですが乾燥肌は紫外線などに弱く、どんな美容成分を使っても追いつかなくなるのです。

ですから、同時に行うためにも化粧水・美容液・オールインワンジェルは必ずそろえるようにしましょう。私の場合は医薬部外品のオールインワンジェルで対応しています。朝の支度がすこぶる捗りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です